2005年08月31日

災害時の電気対策グッズ

アウトドアグッズが災害時にいろいろ役に立つという話を以前に書きましたが、やっぱり災害時にも欲しくなるのは電気ではないでしょうか?

そこで、今日は、電気対策のグッズを調べてみましたので、ご紹介します。

1つ目は、

ノーバッテリーライト
ノーバッテリーライト

です。
これは電池を使わない懐中電灯で、グリップを握ることで電気を起こしてライトを点けるというものです。
もちろん電球はLEDですので、玉切れの心配はありません。
実際の明るさは使ってみたことがないのでわかりませんが、1000円もしないようですので、今度買ってみてまたレポートしようかと思っています。

2つ目は、太陽工房というメーカーの、

バイオレッタソーラーギア
バイオレッタソーラーギア(単3形2本入り)

です。
これは、太陽電池を使って単三充電池を充電するグッズです。
1つ目の懐中電灯で起こした電気は懐中電灯自体にしか使えませんが、これは電池を充電するタイプですので、電池が使える電化製品に何でも使えるのがメリットですね。
さらに別売りのUSBパワーアダプターを使えばUSB電源としても使えます。

最近は、USB電源を使ったグッズが色々(例えば扇風機や携帯充電器など)出ていますので、さらに用途が膨らみます。

最後にご紹介するのは、写真はないのですが、

モバイル太陽電池「バイオレッタ ソーラーギア VS12」

です。
災害時だけでなく、アウトドアにもあると便利かも知れない最強の発電グッズになるかと思います。
出力が車のシガライターになっている太陽電池ですので、シガライターにつながる電化製品が使えます。例えば、シガライターからの電源があれば、ノートパソコンを使ったり、TVを見たりすることもできます。
また、シガライターにつながるDC/ACコンバータも市販されていますから、これを使えば、普通のACコンセントを使う電化製品まで使えてしまうわけです。
もっとも、最大出力が50W(充電池25.2Whタイプの場合)ですので、ストーブとかには使えないと思います。
お値段も充電池25.2Whタイプでも45,000円と結構しますが、これがあるとかなり心強いのではないでしょうか?

我が家としては、防災用というよりもアウトドア用にこういうグッズを揃えたいなぁ、と思ってしまいますね ^_^

関連記事

妹背牛温泉(北海道)

妹背牛温泉(北海道)

「ペペル」という名前の温泉施設があります。お湯黄色透明でやや塩味がありつるつる感もあります。設備もよく旭川近郊ではオススメの温泉だと思います。露天風呂もいい感じで結構気に入っています。コテージでの宿泊も可能です。

温泉ガイドの方も更新しています。

(温泉ガイドの方には宿などのリンク先も記載しています)

関連記事

2005年08月30日

女満別温泉(北海道)

女満別温泉(北海道)

「湖南荘」のお湯は少し薄いコーヒー色の温泉ですが、つるつる感はほとんどなく無味無臭です。また「ホテル山水」のお湯は無色透明ですがつるつる感があり、露天風呂もなかなかいい感じでした。

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月29日

雌阿寒温泉(北海道)

雌阿寒温泉(北海道)

「野中温泉別館」は、ひのきの内湯と岩風呂の露天があり、お湯は無色透明無味でほどよい硫黄臭がしていました。それほどつるつる感はありませんでしたが、露天風呂ではゆっくりくつろげました。

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月28日

マルエー温泉(北海道)

マルエー温泉(北海道)

無色透明無味無臭ながらも、お湯はものすごくつるつるで気持ちのいい温泉でした。

温泉ガイドの方も更新しています。

2005年08月27日

幕別温泉(北海道)

幕別温泉(北海道)

幕別温泉はモール泉という緑褐色の透明のお湯で塩分が少しあります。また源泉からは少し硫黄臭が漂っています。ホテル緑館では、プールと温泉が共通料金になっていましたので、水着を持って行けば、プールにも入ることができます。

温泉ガイドの方も更新しています。

(温泉ガイドの方には宿などのリンク先も記載しています)

関連記事

2005年08月26日

まっかり温泉(北海道)

ここしばらく、夏休みに向けて北海道の温泉を中心に更新してきましたが、間もなく夏休みも終わりですので、そろそろラストスパートで31日までは北海道の温泉をご紹介する予定です。
(31日までにご紹介できなかった分については、またおいおいご紹介していきます)

まっかり温泉(北海道)

羊蹄山を見ながら露天風呂に入れるのが売りの温泉です。お湯は少し濁っていて無味無臭ですが源泉かけ流しになっています。

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月25日

ほろしん温泉(北海道)

ほろしん温泉(北海道)

露天風呂は渓流を見下ろすような形で作られています。夜は蛍が見れない季節でも、緑色のスポットライトの明かりで、普通の虫が蛍っぽいカラーで照らされていて、なんとなくそれっぽい雰囲気がありました。お湯は無色透明です。以前に訪れた時は入浴券が1日有効で、キャンプで宿泊した時は何度も入れて便利でした。

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月24日

防湿庫が到着

本当は梅雨のシーズンに欲しかったのですが、いろいろと物入りで買えていなかったデジカメ用の防湿庫をようやく購入しました。

防湿庫

左サイドでもずいぶん前からご紹介していましたが、東洋リビングのAUTO DRY ED-40SSという防湿庫です。

このメーカーの防湿庫の中では一番小さなサイズなのですが、届いてみるとかなり大きい印象です。

さっそくコンセントを入れて内部の湿度を落とし、手持ちの一眼デジカメ(EOS KissデジタルN)、コンパクトデジカメ(KD-510Z)、ムービー(NV-MX5000)などのレンズ関連機器を入れました。
我が家は、交換レンズは以前に使っていたEOS Kissの標準レンズと50mmのレンズくらいしか持っていないので、入れてみるとまだまだガラガラです。

これで少しは安心してカメラを保管しておけると思うと、約1万5000円というのは安い買物のような気がします。
でも普通の密閉した箱に、除湿剤(ホームセンターで1個100円くらいで売ってるやつ)を入れておくのとはどう違うのか、実はよくわかっていなかったりします ^_^;

関連記事

2005年08月23日

リニアモーターカーに乗ろう!

愛知万博で「リニモ」というリニアモーターカーが話題になっていますが、リニアモーターカーと言えば、かなり以前から、新幹線に変わる新しい乗り物として期待されていたように思います。

でも、実際は相変わらず実験線での実験しかされてなく、実用化はいったいいつになるのやら、という感じです。
(中国ではすでに実用化されているそうですが)

とは言っても、ぜひ一度リニアモーターカーの高速走行体験をしてみたい、という方のために実験線での試乗会が開催されるそうです。

開催日は9月23日(金)、24日(土)の2日間で、場所は山梨リニア実験線(山梨県都留市・大月市)です。
募集人数は1,200名ということで、申し込みの締切が、8月26日(金)消印有効になっていますので、興味のある方はぜひ申し込んでみて下さい。
但し、応募者多数の場合は抽選とのことです(おそらく抽選になるくらいの申し込みはあるでしょう)。

我が家は今年は残念ながら行けませんが、機会があれば申し込んでみたいと思っています。

なお、上記の詳細は、こちらをご覧下さい。

関連記事

2005年08月22日

別海温泉(北海道)

別海温泉(北海道)

北海道の東端、納沙布岬の手前の別海町の温泉で、お湯はモール泉になります。「清乃湯」という銭湯に入りましたが、緑褐色透明のお湯で、泡がいっぱい体についてつるつるする気持ちのいい温泉でした。味は少し塩分を含んでいる感じです。

温泉ガイドの方も更新しています。

(温泉ガイドの方には宿などのリンク先も記載しています)

2005年08月21日

東京ディズニーランドの新しいDVD発売

我が家はユニバーサルスタジオジャパンも東京ディズニーリゾートもとても好きなのですが、TDRの方は遠くてなかなか行けません。

そこで普段は、ディズニーのTV番組やビデオで、TDRを楽しんだりしているのですが、今度9月に東京ディズニーランドの新しいDVDが発売されるそうです。

おすすめは、

東京ディズニーリゾート DVDコレクション
東京ディズニーリゾート DVDコレクション

というセットです。

内容は、1枚目が、

東京ディズニーランド ミュージカル・ツアー
東京ディズニーランド
ミュージカル・ツアー


で、これが今回の新作になるそうで、とても楽しみにしています。

また、2枚目は、

東京ディズニーランド さよならディズニー・ファンティリュージョン!
東京ディズニーランド
さよならディズニー・ファンティリュージョン!


です。これは、以前にパーク内でVHSのビデオとして販売されていて、我が家もこれを買って自宅でファンティリュージョンを楽しんでいたので、今回、DVD化されてとても嬉しいです。

そして、3枚目は、

エンジョイ!東京ディズニーリゾート完全オフィシャルガイド
エンジョイ!東京ディズニーリゾート
完全オフィシャルガイド


で、これは、2002年の7月に発売されたDVDなのですが、このセットにも入っているようです。

今回、新たにDVD化される最初の2枚は、単品でも販売されるそうですが、セットの方がかなりお得のようです。

我が家でもこのDVDコレクションを予約しているので発売がとても楽しみです。

2005年08月20日

京ヶ島天然温泉(群馬県)

京ヶ島天然温泉(群馬県)

「湯都里」という2005年7月にオープンした新しい日帰り入浴施設があります。源泉温度は55.5度あり、露天風呂を含めて源泉かけ流しもあるそうです。特に露天風呂は和風の凝った造りなのでオススメできると思います。休憩室に露天風呂がついた家族風呂があり、普通なら高級旅館でしか楽しめないような個室での日帰り入浴も楽しめるそうです。

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月19日

ふるっぷ温泉(北海道)

ふるっぷ温泉(北海道)

国道276と国道230が交差しているところに喜茂別の町民公園があり、その敷地内にプレハブ作りの温泉があります。やや緑がかってほんの少し濁りのある湯で味はしょっぱいです。お風呂は子供用プールのような感じで露天はありませんが、かけ流しのとてもいい温泉です。

玄関

湯船

泉質表示

(写真をクリックすると「温泉写真館」で大きな写真を見ることができます)

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月18日

長万部の「かにめし」

昨日、ご紹介した二股ラジウム温泉は長万部の近くなのですが、長万部と言えば「かにめし」ですよね。

特に「かにめし本舗かなや」というお店の「かにめし」(駅弁)が人気だそうです。
私は食べたことないのですが、ダンナは絶賛していました。

かにめし1

長万部周辺には、駅以外にもこういうお店で「かにめし」を売っているそうです。

かにめし2

これが、かなやの「かにめし」のパッケージです。

かにめし3

そして、蓋を開けるとこんな感じになっています。
薄い茶色のものが、ほぐされたカニです。シンプルですがボリュームもあってとっても美味しいとのことです。

ネットで買えるかなぁ?と思ってチェックしてみましたが「かにめに」は売ってなくて、こんなものを見つけました。

名物駅弁シリーズ北海道名物 長万部名物かにめしプチマスコット
名物駅弁シリーズ北海道名物 長万部名物かにめしプチマスコット

【駅弁ライター】かにめし ライター
【駅弁ライター】かにめし ライター

こういうのができてしまうほどの名物なんですねぇ。

関連記事

2005年08月17日

二股ラジウム温泉(北海道)

二股ラジウム温泉(北海道)

国道をそれてからかなり走ったところに1軒の宿があります。お湯は茶褐色に濁っています。今にも崩れそうな雰囲気の漂うドームと、露天から見える温泉に染まった岩場の風景がとても年期を感じて非常にいい雰囲気になっています。ここのお湯は世界に2ヶ所しかない泉質のラジウム泉だそうです(注:今はドームはなくなってしまったそうです)。

外観

(写真をクリックすると「温泉写真館」で大きな写真を見ることができます)

温泉ガイドの方も更新しています。

余談ですが、最近では、

北海道二股温泉お試し企画★天然二股鉱石200グラム★
天然二股鉱石

というのが販売されているそうです。
(ドームがなくなったのと関係あるのでしょうか?)

関連記事

2005年08月16日

地域限定のワイン

北海道を旅行していると、あちこちにワインの産地があります。
有名どころでは、おたるワイン十勝ワインふらのワイン余市ワインなどです。

我が家の旅行では、現地でワインの試飲をすることはありますが、おみやげには、ちょっと変わったワインを買って帰っています。
それは「地元(地域)還元用」と呼ばれる比較的リーズナブルな価格のワインで、そのほとんどがロゼワインです。
このロゼワインですが、いろんな料理に合いますのでなかなかグッドです。
お値段は720mlで700円くらいなので、まとめ買いにも向いています。
購入は小さな酒屋とかスーパーといった、地元の人が行くようなお店で探すことになります。

通販ではあまり見かけないのですが、

【おたるワイン】小樽 北海道特別限定ワインロゼ 中口 720ml
【おたるワイン】小樽 北海道特別限定ワインロゼ 中口 720ml

なんかが、それに近い感じがします。

また、北海道ではありませんが、神戸ワインの市民還元ワインが、とても安いようで、見事に売り切れているようです。

数量限定 ! ! 神戸ワイン 市民還元ワイン 720ml

おそらく他の地方のワインでも、おみやげ用ではなく、こういう地域還元用のワインがあるのではないかと思いますので、探してみると面白いかも知れませんね。

2005年08月15日

フゴッペ温泉(北海道)

フゴッペ温泉(北海道)

以前は無色透明無味無臭の温泉で露天風呂が薬湯になっていました。2005年5月25日から新源泉が加わりコーヒー色の温泉になったそうですが、露天風呂が薬湯のままだそうで、ちょっともったいない気がします。

温泉ガイドの方も更新しています。

関連記事

2005年08月14日

「こどもびいる」と「ガラナ」

最近「こどもびいる」という子供用のビールが大人気だそうです。

おともだち飲料 こどもびいる24本・1ケース (330ml×24本)
おともだち飲料 こどもびいる

どういうものかと言うと、コップに注いだ時の色や泡の感じがまさにビールみたいなジュースだそうです。
(私も飲んだことはないのですが、上記のリンクを含めて、今、どこのショップでも売り切れ状態の大人気のようです)

でも実は、中身は以前から売られている「ガラナ」というジュースがベースだそうです。
「ガラナ」は、北海道に行った時によく見かけるジュースで、通販だと、

コアップ ガラナ 500ml
コアップ ガラナ

ガラナエール
ガラナエール

キリンガラナ
キリンガラナ

などが売られています。
なぜ「ガラナ」が北海道だけでよく見かけるかというと、「コーラ」が全国で大ヒットした時に「ガラナ」は北海道でしかヒットしなかったからだとか。

「ガラナ」には上記以外にも「ウエシマガラナスカッシュ」「キリンメッツガラナ」「リボンガラナ」「サッポロガラナ」などがあって、「キリンメッツガラナ」なんかは都内の自販機で売っていることもあるようです。
うちのダンナは「ガラナ」が大好きのようで、北海道に行った時にはいつもケースで買ってきていたようです。

本題の「こどもびいる」の方ですが、通販でもなかなか手に入らないようですので、こちらで今ウォッチしてもらっています。入荷したら買ってみようかな。

関連記事

2005年08月13日

上富良野で回転寿司

北海道と言えば、回転寿司と言ってもさすがにレベルが高く美味しいお店が多いのですが、中でも我が家のお気に入りの回転寿司屋は、意外にも上富良野という北海道のド真ん中の海のないところにあります。

お店の名前は「わらべ」で、普通のスーパーの一角にある、ごく普通の回転寿司屋です。

お値段もリーズナブルで、ネタも大きく、回転寿司と言ってもほとんどその場で握ってくれるところがお気に入りのポイントです。

季節に応じて、その時のオススメのネタがありますので、それを狙うのがよいと思います。
続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。