2008年11月30日

ブログのお引越し

温泉ガイドは有料のレンタルサーバを利用していますが、ブログは基本的に無料サービスを利用しています。
一番最初に始めたブログがこのSeeSaaブログで、それ以外にもいろいろな無料ブログを試してきました。
例えば、温泉ガイドの口コミ掲示板は忍者ツールズのブログですし、ダンナのブログはFC2です。
そして先日より「ディズニーリゾートおでかけ写真集」で、東京ディズニーリゾート関連の写真紹介を始めたのですが、それはlivedoorブログを使っています。

このブログ「いいものあるかな?」もスタートしてまる4年が経過しましたが、今年の春のしばらくは更新が滞っていました。
その理由のひとつが、夜、時間の取れる時間帯にサーバが重くてよくエラーが出るということで、ちょっと面倒になってしまったということがあります。
「ディズニーリゾートおでかけ写真集」を作っていて、意外と使いやすく、試しにブログの引っ越しをやってみたところ、あっさりと移せてしまったので、思い切ってlivedoorブログに乗り換えてみることにしました。
これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、これからもブログは続けていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

2008年11月29日

八坂通

清水寺から三寧坂を下り、二寧坂に行かずにまっすぐおりていく八坂通りは、やや狭い路地になっていて京都らしい雰囲気が漂っています。

八坂通

振り返ると、八坂の塔(法観寺)が見えて風情のあるところです。

ゆめみる夢

通り沿いに舞妓体験の店があるため、観光客の中には舞妓体験でうろうろしている方々もいて、さらに京都らしい趣でした。

関連記事

2008年11月28日

回転寿司ちょいす

ふらのラテール」に宿泊した翌日は、南に向かって出発。

途中、道端の果樹店で、おみやげの「ふらのメロン」を購入しました(実家に宅配)。
お店では、試食のメロンやすいかをたくさん頂きました。

車がほとんど通っていない道を快適ドライブし、鵡川に到着。「むかわ温泉」に入湯。

むかわ四季の館

お昼ご飯にはまだ早かったので、さらに苫小牧まで移動し「ちょいす」という回転寿司に入りました。

ちょいす

今回の北海道旅行で初めてのお寿司で期待していたのですが、ネタの「〜産」という表示の多くが北海道以外で、ちょっとがっかり。
でもネタは美味しかったです。

<この日のルート>

ふらのラテール→富良野の果樹店→むかわ温泉→「回転寿司ちょいす」

関連記事

2008年11月27日

カフェOKU

以前から気になっていた喫茶店が京都にあったので、今回行ってみました。
メインのメニューがプリンということだったので、プリン好きなダンナにも反対されることなくお店に入りました。

カフェOKU6

入口は町屋風で入ったところはちょっとしたギャラリーのようになっていました。

カフェOKU2

店内は白で統一されていて、壁一面のガラスの奥は箱庭の庭園になっていていかにも京都らしい雰囲気でした。

カフェOKU4

プリンはとても濃厚で、目黒のムッシュヨースケのクレームキャラメルを思い出すこってり感で、とても美味しかったです。

カフェOKU3

関連記事

2008年11月26日

ふらのラテール

北海道には何度も行っているのですが、今回初めて富良野の温泉に宿泊しました。

ふらのラテール外観

ふらのラテール」という比較的新しいホテルです。

十勝岳連峰

十勝岳連峰が望めるきれいでゆったりした部屋に、温泉よし、食事よし、接待よしの非常に満足度の高いホテルでした。
特に食事はレベルが高く、サービスも十分という感じでした。

ふらのラテール夕食1

去年、泊まったオリカリゾートも部屋と部屋からの景色は抜群でしたが、お風呂と食事はラテールの方が個人的にはよかったです。

ふらのラテール夕食2

ふらのラテールの駐車場わきには、無料で利用できる足湯もありました。

ふらのラテール足湯

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→ファーム富田→ふらのジャム園→回転寿司わらべ(閉店のためスキップ)→歩人→ぜるぶの丘→新栄の丘→フロンティアフラヌイ温泉→「ふらのラテール」

関連記事

2008年11月25日

新栄の丘

美瑛にはいくつもの丘がありますが、今年は美瑛駅の北西側にある新栄の丘に行ってみました。

新栄の丘1

新栄の丘2

我が家のカーナビには「新栄の丘」というスポットは入っていなかったので、だいたいこのあたりだろうということで、ガイドブックを見ながら行ってみました。

新栄の丘3

特に看板があるわけではありませんが、おそらく美瑛の丘をできるだけ高いところから見下ろしたい、という方にオススメのスポットではないかと思いました。

丘めぐりをしたあとは、上富良野の「フロンティアフラヌイ温泉」で今回初めての温泉を楽しみました。

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→ファーム富田→ふらのジャム園→回転寿司わらべ(閉店のためスキップ)→歩人→ぜるぶの丘→新栄の丘→「フロンティアフラヌイ温泉」

関連記事

野口さんの訃報

温泉好きな方なら一度は聞いたことのあるお名前だと思いますが、温泉ジャーナリストの野口悦男が亡くなられたそうです。
まだ60歳という若さで、死因は胸部大動脈乖離破裂だったそうです(加藤茶さんも大動脈解離で手術されていたそうですが)。

野口さんと言えば「源泉かけ流し」という言葉や「にごり湯」などの言葉を最初に作られたほどの温泉の達人の方でした。
ご冥福をお祈りします。

2008年11月24日

ぜるぶの丘

歩人での食後は、ぜるぶの丘に行って親子でバギーに乗りました。

ぜるぶの丘1

バギーは4輪の小さなもので、それほどスピードはでませんが、子供と2人乗りして花畑の周りを1周できます。

ぜるぶの丘3

アクセルがハンドルについていて子供でも操作できるので、やらせてみたところ、自分の操作でバギーのスピードが上がったり下がったりするのが結構楽しかったようです。

ぜるぶの丘2

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→ファーム富田→ふらのジャム園→回転寿司わらべ(閉店のためスキップ)→歩人→「ぜるぶの丘」

関連記事

2008年11月23日

歩人でお昼ごはん

ファーム富田とふらのジャム園に行ったあと、お昼ご飯は久しぶりに「わらべ」という回転寿司に行こうとしたのですが、なんと閉店していました。
諦めて、ちょっと遠いのですが、我が家の定番のランチスポット、美瑛の「歩人」というハムソーセージのお店に行きました。

歩人

夏休みの時期は材料の肉の入荷がない期間があるため、一番観光客が多い時期に休みになるこのお店ですが、今年もうまく休みとはバッティングしなかったので、美味しい料理にありつくことができました。

今年はカレーを中心に注文し、サイドメニューでカリットというソーセージペーストを塗って焼いたパンなどを頂きました。

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→ファーム富田→ふらのジャム園→回転寿司わらべ(閉店のためスキップ)→「歩人」
関連記事

2008年11月22日

「窓をあければ」世界の街から

今年も年末が近づいてきて、カレンダー購入の季節になりました。

井出孝カレンダー2009-1

我が家は例年通り、知り合いの画家「井手孝」さんのカレンダーをGetしました。

井出孝カレンダー2009-2

時々、関西で個展を開かれているのですが、しばらく行けてないので、また、見に行きたいと思っています。

# 50部限定ですでに完売のようです。

関連記事

ふらのジャム園

我が家の食卓のジャムは、自家製のジャムと、ふらのジャムが定番です。
ふらのジャムはネットでも購入できるのですが、お店に行くとネットでは買えないものがほとんどで、その品揃えに圧倒されます(たまにハズレもありますが ^_^;)

ふらのジャム

お店の前にはアンパンマンの遊具があり、となりにはアンパンマンショップがあるので、子連れの観光客でいつも賑わっています。

ちなみに我が家の一番人気は、白ワインのジャムです。

白ワインジャム

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→ファーム富田→「ふらのジャム園」
関連記事

2008年11月21日

ファーム富田のラベンダー

ピークは終わっていたファーム富田のラベンダーですが、一部の畑では遅咲きのラベンダー咲いていました。

ファーム富田3

ラベンダーの場合、見るだけでなく香りも楽しめるので、こうやって写真で見るのと、実際に見るのとでは全然違いますね。

ファーム富田4

今回は、ファーム富田で、車用の芳香剤を購入して、しばらくは車の中でもラベンダーの香りを楽しみました。

ファーム富田5

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→「ファーム富田」

関連記事

2008年11月20日

土塀アート

清水寺からおりていく八条通りに「土塀アート」なるものがありました。

作品が道路脇の壁にかざられているのですが、

土塀アート

なんてことが書かれていて、それらの写真は撮れませんでした。

それにしても、こんなのにお金を入れる人なんているのでしょうか?

関連記事

ファーム富田

富良野で最初に立ち寄ったのはファーム富田です。
ラベンダーのピークはとっくに終わっていましたが、たくさんの花が咲いていてきれいでした。

ファーム富田1

花人の畑は、ファームの中心にあります。
向かいの売店で娘たちはソフトクリームを、私はラベンダーティーを頂きながら休憩しました。

一番有名な彩りの畑は、この時期は何も咲いていないのですが、秋の彩りの畑というエリアで結構たくさんの花が咲いていました。

ファーム富田2

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→富良野→「ファーム富田」

関連記事

2008年11月19日

富良野の汽車

今年の夏の北海道旅行の最初の目的地は富良野です。
小樽から高速を使って札幌をスルーしたあと、三笠からは道道と夕張国道を経由して富良野に抜けました。
特に渋滞もなくあっさりと到着したところで踏み切り待ちになり、思わず1枚写真を撮りました。

富良野の鉄道

このあたりは単線非電化ですが、ちょうど通ったのは、ローカル線らしいディーゼルの1両編成でした。

<この日のルート>

オーセントホテル小樽→小樽IC→(道央道)→三笠IC→「富良野」

山椒ちりめん

三寧坂の土産でいつも私が購入するのが山椒ちりめんです。

山椒ちりめん1

名前のとおり、山椒の入ったちりめんじゃこで、ピリッとして美味しいです。

山椒ちりめん2

山椒ちりめんもいろいろありますが、ここのが一番だと思います。

山椒ちりめん店

関連記事

2008年11月18日

オーセントホテル小樽

舞鶴から小樽に行くフェリーは夜に到着してしまうため、着いたら小樽か札幌で宿泊するしかないのが辛いところです。

去年の夏は、札幌に泊まったのですが、今年は小樽のオーセントホテルに泊まりました。



小樽の町中にあるホテルなので、フェリーターミナルからも近くて、フェリーを降りて5分ほどでチェックインになりました。
泊まった部屋は普通のツインルームで、まあまあきれいな部屋でした。

オーセントホテル

お風呂は部屋にももちろんあるのですが、地下に大浴場があってゆっくり足を伸ばせます。
ただフェリーの入港の時間と関係あるのか、結構混んでいました。

朝は、部屋から小樽の街が見えました。

オーセントホテルから小樽

朝食バイキングがとても美味しかったです。

関連記事

フェリーの旅2008

3年連続のフェリーの旅になったので、船上の写真はさすがにマンネリ化してきました ^_^;
子供たちの写真は年々成長するのでよいのですが、船上風景はいつも同じようなものです。

フェリー後方デッキ

今年もとてもよいお天気でしたが、小樽港の入港の少し前から少し揺れが出てきたため、私はちょっとダウン気味でした。

小樽港入港

小樽入港も予定どおりで、今年もいよいよ北海道旅行のスタートです。

関連記事

2008年11月17日

フェリー出港風景

乗船予定のフェリーは、予定どおり舞鶴港に入港してきました。
ここでいつものように記念撮影をしました。

新日本海フェリー舞鶴

今年の行きのフェリーの部屋は左舷だったので、出航時のフェリーターミナルの写真を撮ることができました。

舞鶴出港

いよいよ北海道に向けて出発です。

関連記事

2008年11月16日

カラス堂の京カステラ

この日は、子供を実家に預けて出かけたので、三寧坂でお土産に京カステラを買って帰りました。

カラス堂の京カステラ

自分たちの分は買わなかったので味の方はわかりませんが、きっと美味しいのではと思います。

関連記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。