2006年07月24日

フルHDのプラズマテレビ登場!

先日、PanasonicからフルHDのプラズマテレビが発表されました。
Panasonicは、小さいプラズマテレビにはフルHDの解像度は不要と言っていることもあってか、サイズは、50インチ、58インチ、65インチ、103インチ!の4つのラインナップだそうです。

【送料無料】Panasonic 50V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ TH-50PZ600
TH-50PZ600 税込595,000円

まだ発売前ということもあって、価格の方はかなりお高めですが、9月1日の発売までには、あと10万円くらいは下がるんじゃないでしょうか。

ところで、なぜ小さいプラズマテレビにはフルHDの解像度は不要なのでしょうか?
Panasonicによると、
・ハイビジョンテレビの迫力を味わうためには視野角30〜35度が必要
・フルHDになると視野角45度が必要
これをサイズと距離に直すと、視野角30〜35度を得るには、
・37インチで1.4m、42インチで1.6m、50インチで1.9m
の距離から見ることになるそうです。
これがフルHDになると
・50インチで1.4m、42インチだとさらに短い距離で
になってしまうそうで、ようするに、小さいテレビをフルHDにしても、そこまで近づいてテレビを見ることはないので、人の目が認識できる解像度の限界を超えてしまうので無駄、ということになってしまうようです。
(確かに言われてみれば、そんな気もしますね)

Panasonicは、ハイビジョンの規格のうちの「解像度」の規格だけでなく、「色再現性」の規格もフル規格に対応することで、より美しい画質で見ることができるようにしたとのこと。

こんな話を聞くと、これまで42インチのプラズマでいいかな、と思っていたのが、やっぱり50インチのフルHDのプラズマテレビが欲しくなってしまいますよね。

プラズマテレビについては、これまで何度も取り上げているのですが、相変わらず我が家は33インチのブラウン管テレビが健在なので、なかなか買い替えには至っていません ^_^;

【関連記事】
松下、600万円の世界最大103V型ほか4機種、フルHDプラズマテレビ「VIERA」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。