2006年09月05日

炭のお風呂と、炭のご飯

我が家では以前から、ご飯を炊くときに備長炭を一緒に入れて炊いていたのですが、これまで使っていた炭がずいぶん古くなったので、新しい炭を購入しました。
(こういう炭がどれくらい持つものなのかはよくわかっていません ^_^;)

そんなに数がいるわけでもないので、ちょっとお高めですが、

浄水・炊飯用紀州備長炭 約50g
浄水・炊飯用紀州備長炭 約50g 262 円

というのを買ってみました。
折り畳んだ携帯電話の半分くらいの大きさのもの1本が262円なので、これを2本買いました。

ついでに、お風呂用ということで、

お風呂用・紀州備長炭 500g
お風呂用・紀州備長炭 500g 1,260 円

というのも買ってみました。こちらは1つ1つがもう少し大きく形も不揃いです。

さっそく、それぞれ、ご飯、お風呂に使ってみましたが、違いがはっきりわかるのはお風呂の方でした。
明らかにお湯がまろやかになりました。

ご飯の方は、これまでも使っていたということもあって、それほど大きな違いは感じませんでしたが、きっとお風呂同様に水には変化が起こっているんでしょうね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23267904
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。